プレスリリース

PRESS RELEASE

ニチガス様のガスメーターをオンライン化する 新型NCU「スペース蛍」が60万件の設置を完了

〜SORACOMを通じてSigfox/LTE-MのIoT通信を利用、2020年度中に90万件を設置予定〜

日本瓦斯株式会社(以下、ニチガス)様が、ガスメーターをオンライン化し、ガスの使用量をリアルタイムに計測できるNCU(*1)「スペース蛍(ホタル)」を、すでに60万件のご家庭に設置完了したという設置進捗を発表しました。2020年2月から始まったLPガスをご利用のご家庭への導入計画は、1日あたり数千台の新規設置というスピード感で着実に進んでいます。

本プロジェクトでは、IoTプラットフォームSORACOMを活用していただき、SigfoxとLTE-Mという2つの省電力を特徴としたIoT通信を、シームレスにクラウド連携する仕組みを実現しています。ソラコムでは、また、専任コンサルタントが伴走しIoTプロジェクトを推進する「SORACOMプロフェッショナルサービス」を通じて、デバイスの設計、開発、およびPoCフェーズ、商用導入フェーズをご支援しています。

2019年7月に発表された「スペース蛍」は、これまで検針員が月に1回お客さま宅で計測していた検針データを、遠隔で1時間に1回自動で計測し、リアルタイムでのデータ把握を可能とするIoTデバイスです。ニチガス様では、IoTを活用して、ガスボンベの交換タイミングの最適化と配送効率向上、ガスメーターの開閉の遠隔操作、ガスの微小漏洩警告等の保安情報のリアルタイム把握に活用する「配送4.0」プロジェクトを推進しています。

SigfoxConnect2020_soracom_unabiz_session

なお、2020年11月18日〜19日に開催された仏Sigfox社の年次カンファレンスSigfox Connect2020にて、SORACOM,Inc Technology DirectorのAlexis Sussetと、Unabiz CTO Philippe Chiu 氏が「Delivering IoT at Scale」と題したセッションに登壇し、デバイスの設計から設置までの取り組みを紹介しました。アーカイブはこちらからご覧いただけます。(要登録、英語、Breakout session/ Utilities)

詳細は、以下プレスリリースをご覧ください。

ニチガス様プレスリリース
ニチガス「スペース蛍」の設置進捗

Unabiz様プレスリリース(英語)
NICIGAS Announces 900,000 Smart Gas Meters by the end of Fiscal Year 2020 Despite COVID-19

*1 Network Control Unitの略。ガスメーターの使用量データを電子的に読み取り、フォーマット変換の後に無線を使ってクラウドへ送信するIoT装置のこと。

<本ニュースに関するお問い合わせ>
株式会社ソラコム 広報 田渕
pr@soracom.jp

お問い合わせ