プレスリリース

PRESS RELEASE

IoTプロジェクトのスピードアップを支援 初回応答時間SLA付、24時間365日対応の有償サポートを提供開始

自己解決を促す「回線のセルフ診断」、管理を強化する「監査ログ」も拡張

株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 玉川憲、以下ソラコム)は、初回応答時間のSLA(サービス保証)付き「プライオリティサポート」と、24時間365日対応も可能な「エンタープライズサポート」を2021年6月23日より有償で提供開始します。あわせて、IoTシステム管理に役立つ2つの新機能「回線のセルフ診断機能」と「監査ログ機能の拡張オプション」を発表します。

昨今、IoTは産業や社会を支えるプロジェクトで実用化されており、IoTシステムの問題が与える影響も大きくなってきています。そのため、問題を未然に防ぐことはもちろん、万が一問題があった場合に備え、迅速な復旧体制の準備も求められています。

IoTプラットフォームSORACOMは、20,000を超えるお客様のIoTプロジェクトでご利用いただいています。その中で蓄積した知見を元に、IoTプロジェクトのスピードアップを支援する機能・サービスを拡充します。

初回応答時間のSLA付き 有償サポート 

ソラコムでは、サービス開始当初より、全てのお客様にSORACOMのIoT通信およびプラットフォームサービスの利用方法に関して無償でサポートを提供しています。この度、システムやサービスの本格運用後もお客様がより安心してご利用いただけるよう、2種類の有償サポートを提供開始します。

「プライオリティサポート」では、営業時間内で優先的に対応するほか、重要度が高いと判断されたお問い合わせには4~8時間以内の初回回答を提供します。加えて、切り分けにくいIoTシステムの問題に対し、デバイスやクラウドまで範囲を広げてご相談を受け付け、ソラコムから類似事例を元にアドバイスします。

さらに、高度なサポートを必要とするお客様には、サポート提供条件のカスタマイズが可能な「エンタープライズ サポート」をご用意しています。24時間365日対応や、電話対応の追加、専任担当技術者の設定が可能です。

回線のセルフ診断機能

SORACOMユーザーコンソールでは、IoT回線の一覧表示および回線状況、データ通信料金などをリアルタイムで管理できます。

本機能は、SORACOMユーザーコンソール内で、当該通信の「利用状況」、「セッション状況」、「データ送信状況」を自動的に収集し、問題の有無をわかりやすく表示します。これにより、お客様は通信トラブルを把握し、自己解決までに道筋を立てやすくなります。

監査ログ機能の「エンタープライズオプション」

SORACOMプラットフォームでは、開発担当、サポート担当、調達担当など様々な役割のユーザーが関わるIoTプロジェクトを想定して、権限管理を提供してきました。2016年1月から、管理ユーザーごとにアクセス権限を管理できるSORACOM Access Management機能を提供、2021年3月から24時間分の認証ログを無償で提供しています。

本日より提供する監査ログ機能「エンタープライズ オプション」では、SORACOMのユーザーコンソール画面およびAPIでの操作履歴をすべて記録し366日分を保管します。コンソール内でログを検索、必要なログデータをCSVファイルで出力可能です。本機能は、社内の内部統制強化、および外部事業者への業務委託時の管理にご活用いただけます。

SORACOMプラットフォームは、専門的な IoTテクノロジーを誰もが気軽に活用できるようにする「IoT の民主化」を推進し、社会における数多くの IoT 活用アイディアの実現をサポートしていきます。

有償サポートプラン、回線のセルフ診断、監査ログの追加機能

有償サポートプラン

提供開始日:2021年6月23日

SORACOM_Support_plan

※日本語サポートのみサポートプランの選択が可能です

ウェブサイト:https://soracom.jp/support/plans/

利用手順:https://users.soracom.io/ja-jp/docs/support/about/

回線のセルフ診断機能

提供開始日:2021年6月23日

特徴

  • SIMの利用状況、通信セッション状況、データ通信状況をわかりやすく表示
  • 問題がある場合は、自己解決するための道筋をナビゲート
SORACOM回線のセルフ診断機能

<セルフ診断機能の画面イメージ>

利用料金:無料、ユーザーアカウントがあればどなたでもご利用いただけます。

ウェブサイト:https://soracom.jp/support/diagnostics/

利用手順:https://users.soracom.io/ja-jp/docs/diagnostic/

監査ログ機能の「エンタープライズオプション」

提供開始日:2021年6月23日

特徴

  • SORACOMのユーザーコンソール画面およびAPIでの操作履歴をすべて記録し366日分を保管
  • コンソール内でログを検索、必要なログデータをCSVファイルで出力可能

利用料金:月額 10,780円(1オペレーター/ カバレッジ毎)

ウェブサイト:https://soracom.jp/support/auditlog/

利用手順:: https://users.soracom.io/ja-jp/docs/api-audit-logs/

 

<本ニュースに関するお問い合わせ>
株式会社ソラコム 広報 田渕
pr@soracom.jp

お問い合わせ